ダイヤモンドユカイさんは、無精子症でも子持ち…実子?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。

不妊 治療 方法 口コミ 掲示板 管理人のMiharuです。

今回は、自らが「無精子症」であることを公表されている
ダイヤモンドユカイさんのケースについてみていきたいと思います。

 

SnapCrab_NoName_2016-1-21_14-47-43_No-00

 

 

 

 

 

 

 

 

【検証ケース】
ダイヤモンドユカイ

 

【症例】
閉塞性無精子症

 

【対策】
体外受精

 

 

【詳細】
まずは、ダイヤモンドユカイさんのご紹介からしていきたいと思います。

ダイヤモンドユカイ 1962年3月12日 埼玉県さいたま市生まれ。

東京都出身。

1986年10月に、ロックバンドRED WARRIORS(レッド・ウォーリアーズ)の
ボーカルとしてデビューし、ご存知の方も多いでしょうけれど、
その後は、歌手・作詞家・作曲家・俳優・声優・ナレーター・
テレビタレントとして多方面でご活躍です。

私生活では、1997年11月 、 元アイドルグループCoCoの三浦理恵子さんと
ご結婚されていますが、2001年11月に離婚しています。

その後、2009年2月に一般の女性と再婚、
2010年2月に長女、2011年11月に双子で長男、次男が
誕生されています。

長女が誕生された時点で、ダイヤモンドユカイさんは47歳です。

この略歴だけを見る限りでは、とても不妊、閉塞性無精子症だとは、
とても考えられませんが、ダイヤモンドユカイさんはの年齢を考えると、
きっと、ご結婚される前から子供を望んでいらしたのでしょうね。

奥様はダイヤモンドユカイさんより年下らしいのですが、
なかな子宝に恵まれなかったので、
奥様と一緒に不妊治療へ行かれたそうです。

この時、ダイヤモンドユカイさんとしては、
「あくまで奥さんへの付き合い」、として通院していたそうです。

しかし、検査結果では、「精子ゼロです」、と不妊の原因が
ご自身にあったことにとてもショックを受けられたようです。

ダイヤモンドユカイさんの場合は、閉塞性無精子症
精子は作られているが精管が閉塞しているため外に出ない
というj症状です。

不妊治療の中でも2度、失敗し、「もういいや」と、
諦めかけたこともあったそうです。

しかし、九州のとある病院で、
陰嚢を切り、精子を取り出したのち体外受精をされて、
無事、妊娠・出産となったそうです。

最近の不妊の原因の半分は男性にある、ということは、
皆さんもご存じでしょう。

男性の有名人・芸能人が不妊であることを公表にしたケースは
残念ながら、ほとんどありません。

きっと、男性の方がプライドが高いのかもしれません。

そんなこともあってか、男性の不妊についてはまだまだ情報が
少ないのが現状です。

ダイヤモンドユカイさんのように閉塞性無精子症では、
やはり医療機関での治療が欠かせないでしょう。

しかし、男性不妊でも、原因によっては自宅でできることや、
サプリメントなどが有効な場合もあるでしょう。

例えば、男性不妊の原因の第4位にある、「勃起障害(ED)」では、
特に治療法はなく、バイアグラが処方されることもあるようですが、
不妊としての治療では、人工授精などを視野に入れるそうです。

バイアグラは、副作用も認められていますし、
心疾患・肝機能障害がある方は勿論、循環器系に問題がある方など、
一部の方には使用できないケースもあります。

不妊 治療 方法 口コミ 掲示板では、同じような商品で
「The GOLD」という物もあり、そちらの方がとても人気が高く
効果を実感されている良い口コミもとても多いです。

勃起障害(ED)でお悩みでしたら、
「The GOLD」のレビューは必ずチェックしておくことをおすすめします。

「The GOLD」の詳しいレビューはこちら

 

こちらのメールもご活用ください。

【お悩み無料相談メール】

私も今まで沢山のサプリや
不妊治療方法や改善方法を沢山見てきました。

自分で試したものもありますし、
周りの友人・知人が試したものも沢山あります。

中には、効果が全くなかったり、
理解しにくいもの、
誇大な表現をして広告していたりするものも
沢山ありました。

そのため、
残念ながら無駄に時間とお金を費やしもしました。

そんな苦い経験から、
少しでも皆さんにはそんな無駄を回避してもらいたい、という思いで

・現在の状況
・今までの経過
・行っている対策
・その対策での効果や変化
・ご利用中のサプリメント

等をお知らせの上、
以下のフォームの必要事項にご記入の上、
どうぞお気軽にお問合せ下さい。

出来るだけ早めに返信をさせていただきます。

SNSでもご購読できます。