不妊治療の助成金が上がる、けれどそれでもまだ足りない・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。

不妊 治療 方法 口コミ 掲示板 管理人のMiharuです。

今回は、先日もニュースになっていました
不妊治療の助成金についてレビューしていきたいと思います。

 

SnapCrab_NoName_2016-1-22_22-58-58_No-00

 

 

 

 

 

 

 

 

【検証】
不妊治療 助成金

 

【内容】
特定不妊治療助成金制度

特定不妊治療助成金制度は、人工授精体外受精・顕微授精など、
費用が高額にも関わらず健康保険が適用されませんので、
夫婦の経済的な負担を和らげるため、各自治体が費用の何割かを助成してくれる制度です。

 

【助成される金額】
2016年1月1日現、助成される金額は、だいたい平均で
一回あたり100,000~150,000円程度なようです。

初年度は合計で3回、2年目からは2回のところが多いようで、
何年目まで助成してもらえるのかは年齢によっても違ってくるそうです。

40歳以上になると30代までの人と比べて助成金額が減るので、
早めに治療を始めるのが良いそうです。

 

 

【申請方法】
申請をする際は、申請書類をお住いの役所に直接足を運ばれるか、
HPからダウンロードするなどして記入し、
それを住民票や戸籍謄本、病院で発行された領収書のコピーなどの
必要書類とともに提出するそうです。

提出方法は「原則として郵送のみ」としているところもあるそうですので、
事前に確認しておいた方が良いでしょう。

書類が正式に受理されますと、約2ヶ月後に審査結果が通知され、
その後、しばらくして指定口座に助成金が振り込まれ、
これで手続きは全て完了となるそうです。

 

 

【詳細】
今回のテーマの不妊治療に関する助成金ですが、
不妊治療をしていて、申請に必要な書類さえ提出すれば、
誰もが助成金を受けられるというわけではありませんので注意しましょう。

ちなみに、助成金受給の対象となるには、
以下の条件を満たす必要があるようです。

・申請日現在、その自治体が管轄する範囲内に住所があること
・法律上、正式に夫婦であること(事実婚は不可)
・人工授精、体外受精、顕微授精以外では妊娠することが難しいと医師が判断していること
・夫婦合算の所得が7,300,000円以下であること

※上記の条件内容は、一部の自治体をモデルにしたものですので、
実際の条件や手続きの方法については、お住まいの自治体にご確認をしてください。

今までお話ししてきました不妊治療の助成金ですが、
2016年1月20日より費用の助成が拡充され、
されるようになりました。

ニュースでも取り上げられましたので、ご存知の方がほとんどかもしれませんが、
以下、内容を抜粋してみました。

『政府は体外受精などの不妊治療にかかる費用の助成を
20日から拡充した。初回助成の上限を現行の15万円から30万円
倍増して治療を始めやすくした。2回目以降は15万円を助成する。
夫が要因の不妊にも対応するため、精子を採取する手術を受けた場合には
新たに1回につき15万円を上乗せする。

 不妊治療は公的医療保険が適用されず高額な費用がかかる。
晩婚化を背景に不妊治療は広がっており、2013年度の助成利用は
延べ14万8659件。治療に取り組む夫婦の負担を軽減する狙いだ。』
 
また、
『厚生労働省によると、体外受精の費用は1回当たり30万〜40万円
その過程で夫が無精子症などの場合に精子を取り出す手術を受けると、
さらに30万〜50万円かかるという。現行では、体外受精1回につき15万円を
上限に助成し、回数の上限は10回今年4月以降は制度が見直され
妻の年齢に応じ3〜6回を上限とし、
43歳以上を助成対象から外すことが決まっている。

と、言った内容になっています。

男性不妊への治療のハードルが低くなる面では、対象者にはありがたいですが、
回数には制限がありますし、2016年4月以降では女性されり回数が
減ってしまうのは残念です。

また、女性の年齢によっても対象が狭まるのも残念です。

昨今の不妊事情を考えますと、お付き合いの段階や、結婚後すぐに、
将来的に少しでも妊娠・出産の経験を希望している場合は、
少しでも早い段階で、自分やパートナーも初期検査を受けたり、
検査結果次第では直ちに妊活に取り組む必要があるのかもしれませんね・・・

 

 

 

 

こちらのメールもご活用ください。

【お悩み無料相談メール】

私も今まで沢山のサプリや
不妊治療方法や改善方法を沢山見てきました。

自分で試したものもありますし、
周りの友人・知人が試したものも沢山あります。

中には、効果が全くなかったり、
理解しにくいもの、
誇大な表現をして広告していたりするものも
沢山ありました。

そのため、
残念ながら無駄に時間とお金を費やしもしました。

そんな苦い経験から、
少しでも皆さんにはそんな無駄を回避してもらいたい、という思いで

・現在の状況
・今までの経過
・行っている対策
・その対策での効果や変化
・ご利用中のサプリメント

等をお知らせの上、
以下のフォームの必要事項にご記入の上、
どうぞお気軽にお問合せ下さい。

出来るだけ早めに返信をさせていただきます。

SNSでもご購読できます。