不妊治療のリスクって知っていますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。

不妊 治療 方法 口コミ 掲示板
管理人のMiharuです。

今回は、不妊治療を行う上で知っておきたい、
「不妊治療のリスク」についてレビューします。

 

SnapCrab_NoName_2015-11-4_18-50-31_No-00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【検証】
不妊治療のリスク

 

 

 

【不妊治療のリスク】
厳密には、不妊治療を始めるに当たってのリスクは
沢山ある野ではないかと思います。

精神的な負担や経済的な負担もそのうちの一つでしょう。

しかしここでは、
不妊治療によってできる子供へのリスクを
検証してみたいと思います。

・多胎児
・新生児の障害
・流産
・死産
・早産
・前置胎盤

 

 

 

【統計】
2011年にオーストラリアの研究チームが、
1986年~2002年のサウスオーストラリア州で出生届が出された中で
不妊治療で出産した6163人の新生児8.3%に深刻な障害
確認されている、と発表しているそうです。

これは、約12人に1人の確率で障害を持った赤ちゃんが産まれてきている
、という事です。

日本国内でも同様の発表がされています。

日本医大や東京女子医大らの発表では、
日本産婦人科学会に登録された24万3千人の妊婦の中で
約4100人が排卵誘発剤、
約2400人が人工授精
約4600人が体外受精で出産し、
合計した不妊治療で出産した新生児の障害リスクが
自然妊娠した新生児と比べ1.2倍~2.7倍高いと発表されています。

また、障害とは違いますが、
排卵誘発剤の副作用では多胎児の確率も高くなりますが、
こちらは、減数手術、減胎手術が適用されています。

もちろん、双子等の多胎児全てが不妊治療が原因ではありません。

中には遺伝的要因での多胎児もいます。

流産の発生率も、自然妊娠と比較して20~34%高い、そうです。

早産のリスクは2倍、死産のリスクは2.6倍、前置胎盤では3倍
になるそうです。

 

 

【対策】
ありきたりで漠然としている印象ですが、
・生活習慣の改善
・食生活の見直し
しかない様です。

 

 

 
 

【総評】
不妊治療に限った事ではありませんが、
リスクを知った上で治療を受ける事が望ましでしょう。

不妊症は現代病と言われており、
晩婚化に伴う高齢出産の増加や、
生活習慣&食生活の乱れによる精子・卵子・子宮の老化が
原因の1つともされています。

また、これらの要因、妊娠・出産へのかかわりは
どうしても女性に大きな割合が占められるのも
避けようのない現実です。

 

特に高齢出産になる人は注意が必要で、
生活環境や老化で卵子や子宮の状態が良くない場合があります。

子宮は胎児の発育にも大きな影響を与えます。

生活習慣と食生活を改善する事は、
健康な体になり、妊娠に備え、宿った大切な胎児を
出産まで育て、出産後の育児、そして自身や家族の健康へとも
連鎖していきます。

 

原因不明の不妊症で悩まれている人は、
母体(子宮)を改善することが一番だそうです。

不妊治療のリスクを取ることもひとつの選択肢だと思いますが、
まずは妊娠しやすい体作りをすることが重要なようです。

そういったこともあってかと思いますが、
不妊 治療 方法 口コミ 掲示板では
妊娠へ向けた体質改善に関する口コミもいくつかあります。 

その中で、「しあわせ妊娠マニュアル」という教材があり、
こちらの口コミは大変人気が高く、
教材内容も充実しているばかりか、
食生活に関す情報もあり、実際に取り組みはじめてからの
サポート体制まで整っています!

もし効果があれ割れない場合でも
返金制度がありますので安心です。

妊娠に向けた体質改善に取り組もうとお考えでしたら、
「しあわせ妊娠マニュアル」のレビューは
必ずチェックしておくことをお勧めします。

 

「しあわせ妊娠マニュアル」の詳しいレビューはこちら

 

 

こちらもメールもご活用ください。

【お悩み無料相談メール】

私も今まで沢山のサプリや
不妊治療方法や改善方法を沢山見てきました。

自分で試したものもありますし、
周りの友人・知人が試したものも沢山あります。

中には、効果が全くなかったり、
理解しにくいもの、
誇大な表現をして広告していたりするものも
沢山ありました。

そのため、
残念ながら無駄に時間とお金を費やしもしました。

そんな苦い経験から、
少しでも皆さんにはそんな無駄を回避してもらいたい、という思いで

・現在の状況
・今までの経過
・行っている対策
・その対策での効果や変化
・ご利用中のサプリメント

等をお知らせの上、
以下のフォームの必要事項にご記入の上、
どうぞお気軽にお問合せ下さい。

出来るだけ早めに返信をさせていただきます。

SNSでもご購読できます。