林真理子さん、高齢出産の治療方法は!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。

不妊 治療 方法 口コミ 掲示板
管理人のMiharuです。

今回は、40代での出産をされている有名な作家、
林真理子さんのケースについてレビューしていきたいと思います。

 

SnapCrab_NoName_2015-11-2_11-30-18_No-00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【検証ケース】
林真理子

 

 

【症例】
高齢

高齢以外の不妊原因は、
ご公表されていません。

 

 

 

【対策】
・体外受精

どんな過程を踏んで体外受精になったか詳細は定かではありませんが、
不妊治療を始められたのが既に林さんが40歳、だったことから
体外受精を試みる覚悟ではじめられたようです。

 

 

【詳細】
林真理子

日本を代表する小説家・エッセイスト

また、ご自身の会社である「有限会社林真理子企画事務所」の
代表取締役もされています。

1954年4月1日生まれ 山梨県山梨市ご出身

コピーライターとして活動の後、
1982年に出版したエッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』が、
処女作にしてベストセラーとなる。

さらに1986年には、『最終便に間に合えば』『京都まで』で直木賞を受賞し、
小説家としての地位を確立されて、
現在も数々の連載を抱える他、
直木賞の選考委員、講談社エッセイ賞、吉川英治文学新人賞、
中央公論文芸賞、毎日出版文化賞選考委員を務めていらっしゃる。

30代から40代の女性人気ファッション誌、
「STORY」でもエッセイの連載をされていらっしゃいますね。

『最終便に間に合えば』、『京都まで』など、
本業の作家としてヒット作品を連発させながら、
1990年36歳の時にお見合いで知り合った
会社員の東郷順さんとご結婚されています。
 
36歳でご結婚後から執筆活動もご多忙だった影響もあるのか、
なかなか子宝には恵まれなかった様で、
4年後の40歳から不妊治療をスタートさせたそうです。

40歳からの不妊治療開始であったため、
出来るだけ時間を無駄にしたくなかったのか、
林さんは治療開始早々に体外受精を決意したそうですが、
ご主人の東郷順さんは反対されたそうです。

しかし、林さんの強い希望で旦那を説得され、
体外受精での妊娠を目指して治療をされたそうです。

そして、体外受精を初めて4年後、
待望の第一子を妊娠されました!

ご結婚から8年ですし、不妊治療を始められてから4年、
林さん、44歳でのご出産ですから、
とてもうれしかったに違いないですね。

そんな林さんも、既に還暦を迎えられ、

ますます執筆活動でご活躍されています。
 
40歳からの不妊治療、体外受精を4年。

・・・治療費が気になります。
 
治療期間が長くなればなるほど、治療費も高額になってきます。
 
林さんはご結婚時には既に売れ子作家でご活躍されていましたから、
不妊治療の費用もそれなりにかけられたのではないかと
想像できます。
 
しかし、一般人にはなかなか頭の痛い問題です。

妊娠に成功できたことは素晴らしいですが、
出来ればもっと早い段階で結果が出れば
林さんだって嬉しかったに違いありません。

年齢面でもコスト面でもできるだけ早く
成功させたいものです。

不妊 治療 方法 口コミ 掲示板では、
「ヤスヨ式高齢不妊改善法」という教材があり、
この「高齢」に特化した教材の人気が高く、
「妊娠できた」、という口コミも大変多いです。

教材内容も充実しているばかりか、
実際に取り組みはじめてからのサポート体制まで整っていますし、
食事生活に関するアドバイスも付いています!

「高齢」でこれから妊活に取り組もうとお考えや
不妊治療と併用して取り組めることをお考えでしたら、
「ヤスヨ式高齢不妊改善法」のレビューを必ずチェックしておくことをお勧めします。

 

「ヤスヨ式高齢不妊改善法」の詳しいレビューはこちら

 

 

こちらもメールもご活用ください。

【お悩み無料相談メール】

私も今まで沢山のサプリや
不妊治療方法や改善方法を沢山見てきました。

自分で試したものもありますし、
周りの友人・知人が試したものも沢山あります。

中には、効果が全くなかったり、
理解しにくいもの、
誇大な表現をして広告していたりするものも
沢山ありました。

そのため、
残念ながら無駄に時間とお金を費やしもしました。

そんな苦い経験から、
少しでも皆さんにはそんな無駄を回避してもらいたい、という思いで

・現在の状況
・今までの経過
・行っている対策
・その対策での効果や変化
・ご利用中のサプリメント

等をお知らせの上、
以下のフォームの必要事項にご記入の上、
どうぞお気軽にお問合せ下さい。

出来るだけ早めに返信をさせていただきます。

SNSでもご購読できます。