親3人の遺伝子を持つ体外受精で遺伝性難病が発症する?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。

不妊 治療 方法 口コミ   掲示板  
管理人のMiharuです。

今回は、先日ニュースになって
いました「3人のDNAを用いた
不妊治療が、世界で初めて
英国で認可を受けた」、という
ことについて、みていきたいと
思います。

 

 

 

 

 

 

 

【ニュース】
英国の不妊治療に関する
監督機関「ヒト受精・胚機構」が、
3人のDNAを用いた
不妊治療法を認可した。

 

 

【ニュース内容】
先日、目にしましたニュースで、
英国の不妊治療に関する
「ヒト受精・胚機構(HFEA)」という
監督機関が、3人のDNA
用いた不妊治療法を認可した、
ということです。

この認可を受け、英国は
「3人の親」が関与する
不妊治療法を合法的に
提供する
世界初の国となる
そうです。

ですから、残念ながら
日本でもまだ、この治療は
受けることができません。

 

【「3人の親」とは?】
では、この「3人の親」とは、
どういう状態を指すのでしょう。

母親のミトコンドリアDNA
(mDNA)に異常がある場合でも、
他の女性父親のDNA
使うこの治療法。

これで3人になるわけです。

この治療法では、
遺伝性疾患を予防し、
健康な子どもを出産することが
可能になる、そうです。

 

【治療の特徴】
・母親からの遺伝的悪影響の
ない胚の作製を目的とする技術。

・「前核移植」として知られる
既存の手法を改良し、疾患を
引き起こす異常なDNAの量を、
大幅に減らすことができた。

・抽出された核DNAを健康な
ミトコンドリアDNAを持つ
ドナー卵子に移植。

・遺伝性疾患の予防。

 

 

【感想】
今回は、「遺伝性難病」の
視点でこのニュースをテーマに
してみました。

この治療法は、日本ではまだ
認可されていない治療方法に
なりますが、安全性や成功例が
多くなれば、日本でも認可される
日が来ることでしょう。

妊娠前に、卵子の中の
ミトコンドリアに何かしらの
理由で、異常かある場合には、
この治療法で治療することが
できるのでしょう。

しかし、どんなに新しい治療法が
研修されても、リスクが
大きければ問題です。

そこで、この世界初の
不妊治療のリスクも調べて
みました。

未知のリスクとして、
母親の核DNAと提供者の
ミトコンドリアDNAとの間で
起きる相互作用が不明、
とのことです。

実際にこの治療方法で、
2016年はじめにメキシコで
生まれた赤ちゃんがいる、
そうです。

ミトコンドリアに異常がある
場合、視力低下、糖尿病、
筋萎縮
などを発症する恐れが
あるそうです。

また、英国の保健当局により
ますと、ミトコンドリアに異常の
ある赤ちゃんが英国では、
毎年125人ほど生まれている、
と考えられているそうです。

難病を回避できる治療法と
しては、素晴らしいと思います。

今後の研究も気になるところです。

 

卵子の核や卵子の中の
ミトコンドリアの異常まで
分かるのですから、驚きます。

不妊 治療 方法 口コミ 掲示板
でも、卵子や精子のミトコンドリアに
働きかける役割がある成分
入った「ミトコア300mg」という
サプリメントの人気が非常に
高いです。

相変わらず、口コミも
増えています。

卵子や精子の年齢や活動に
心配がある方には、
「ミトコア300mg」の詳しい
レビューを必ずチェックして
おくことをおすすめします。

「ミトコア300mg」の詳しいレビューはこちら

 

 

 

こちらのメールもご活用ください。

【お悩み無料相談メール】

私も今まで沢山のサプリや
不妊治療方法や改善方法を沢山見てきました。

自分で試したものもありますし、
周りの友人・知人が試したものも沢山あります。

中には、効果が全くなかったり、
理解しにくいもの、
誇大な表現をして広告していたりするものも
沢山ありました。

そのため、
残念ながら無駄に時間とお金を費やしもしました。

そんな苦い経験から、
少しでも皆さんにはそんな無駄を回避してもらいたい、という思いで

・現在の状況
・今までの経過
・行っている対策
・その対策での効果や変化
・ご利用中のサプリメント

等をお知らせの上、
以下のフォームの必要事項にご記入の上、
どうぞお気軽にお問合せ下さい。

出来るだけ早めに返信をさせていただきます。

SNSでもご購読できます。