ジャガー横田さんが子宮筋腫の末、高齢出産の裏?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。

不妊 治療 方法 口コミ 掲示板
管理人のMiharuです。

今回は、子宮筋腫があったうえ、
高齢で妊娠・出産をされた
ジャガー横田さんについて
みていきたいと思います。

 

SnapCrab_NoName_2015-10-8_16-44-47_No-00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【検証ケース】
ジャガー横田 さん

 

 

【症例】
・子宮筋腫
・不妊 
・高齢

 

【対策】
ジャガー横田さんの場合は、
結婚後になかなか妊娠しないので
病院へ行ってみたところ、
10cm大の子宮筋腫が
見つかったそうです。

このままでは妊娠の可能性は、
「0」という事で、子宮筋腫を
取る手術を受けられています。

また、その後に体外受精での
不妊治療をされています。

不妊の直接の原因は、子宮筋腫
だという事で、筋腫の摘出手術を
受けられてからの不妊治療と
なったようです。

 

 

 

【詳細】
ジャガー横田
1961年 7月 生まれ

現役の女子プロレスラー
後輩の指導にもあたる

2004年 
43歳で医師 木下博勝氏と結婚

「結婚して1年半経っても妊娠の
兆しがなく、やはり年齢が理由なのか
と検査を受けたら、子宮に直径10cmも
ある筋腫
が見つかった。

このままだと妊娠の可能性はゼロ、
手術で筋腫を取っても3〜4%だと
言われました。

それでも私は、どうしても
子供が欲しかった。

もし産めなければ、これから一生
後悔するだろうと思ったんです」

とご本人が語っています。

ご結婚された時点ですでに
立派な「高齢」であったわけですが、
不妊の直接の原因は子宮筋腫
だったようです。

筋腫の摘出術後は少しでも
妊娠率の高くなる可能性を探り、
自然妊娠ではなく体外受精を
行うことを選択されたようです。

結果的に、不妊治療では妊娠に
成功する事はなかったそうです。

「不妊治療中はそれまで以上に
体に負担がかからないよう、
過度に節制していたことが、
逆に大きなストレスになっていた
ことを反省して、次の排卵日には、
自然妊娠するように努力しました。」

ともご本人が語っているので、
不妊治療中は精神的にも相当な
忍耐力を強いられていたことが
うかがえます・・・

そんなジャガー横田さんは、なんと、
不妊治療を中断して自然妊娠です!

45歳で初産をご経験されています!

現在も第二子の不妊治療に
取り組まれている事が
ジャガー横田さんのブログで
うかがえます。
(※現在は行っていないようです)

今回のジャガー横田さんの様に、
子宮筋腫でお悩みの女性は
多いです。

 先日、幼馴染み3人と再会したところ、
私以外の3人が子宮筋腫でした・・・
 
そのうち2人は子宮全摘術を
していましたし、残りの一人は
経過観察中、と話していたのが
私にはショッキングでした。
 
幸いなことに彼女たちは既に出産を
終えていますが、全摘術をした一人は、
筋腫が原因で妊娠しづらかった、
と話していました。
 
子宮筋腫があるからと言って
必ず「不妊」、となるわけでは
ありませんが、子宮筋腫は再発も
しやすいですし、筋腫による様々な
症状が付きまといます。
 
そんな子宮筋腫ですが、 
不妊 治療 方法 口コミ 掲示板の
口コミでは、口コミ自体が沢山あり、
最も人気が高く、実際に「筋腫が
なくなった」、「筋腫が小さくなった」「、との
経験談が多いいのが、
「自宅で出来る子宮筋腫改善法」です。
 
妊娠を望んでいるか否かに関わらず、
子宮筋腫はない方が良いです。
今のところ子宮筋腫が出来る
原因は分かっていないようですし、
先ほども言いましたが、子宮筋腫は
手術や投薬で除去しても再発性が
高いす。
 
そんな子宮筋腫が自宅に居ながら
改善できたら、重い生理痛に悩んだり、
生理のたびに憂鬱な症状が
なくなってしまうのですから、
 子宮筋腫でお悩みの方は、
「自宅で出来る子宮筋腫改善法」のレビューを
必ずチェックしておくことを
おすすめします。

「自宅で出来る子宮筋腫改善法」の詳しいレビューはこちら

 

 

こちらもメールもご活用ください。

【お悩み無料相談メール】

私も今まで沢山のサプリや
不妊治療方法や改善方法を沢山見てきました。

自分で試したものもありますし、
周りの友人・知人が試したものも沢山あります。

中には、効果が全くなかったり、
理解しにくいもの、
誇大な表現をして広告していたりするものも
沢山ありました。

そのため、
残念ながら無駄に時間とお金を費やしもしました。

そんな苦い経験から、
少しでも皆さんにはそんな無駄を回避してもらいたい、という思いで

・現在の状況
・今までの経過
・行っている対策
・その対策での効果や変化
・ご利用中のサプリメント

等をお知らせの上、
以下のフォームの必要事項にご記入の上、
どうぞお気軽にお問合せ下さい。

出来るだけ早めに返信をさせていただきます。

SNSでもご購読できます。