無精子症でも妊娠できる、は可能性だけ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。

不妊 治療 方法 口コミ 掲示板 管理人のMiharuです。

今回は、先日ニュースでも取り上げられていた
「無精子症」について見ていきたいと思います。

 

SnapCrab_NoName_2016-1-20_18-22-55_No-00

 

 

 

 

 

 

 

【検証ケース】
無精子症

 

【症例】
無精子症

 

 

【原因】
閉塞性無精子症の場合は、
精巣輸出管、精巣上体管、精管、射精管といった精子の通り道が
尿路感染性感染症鼠径ヘルニアの手術の後遺症により
閉塞することが原因で起こるそうです。

また、非閉塞性無精子症の場合は
ホルモンの異常か、精巣の造精機能に何らかの問題があるかのどちらかが
原因と考えられているそうですが、具体的な原因を突き止めるのは
困難な場合も多いそうです。

 

 

【治療法】
<閉塞性無精子症>

自然妊娠を望み、女性側に不妊原因がなくカップルの
年齢が36歳未満の場合には、「精路再建手術」という方法があるそうです。

女性側にも何らかの不妊原因がある場合や、年齢が35歳以上の場合は、
精巣や精巣上体内の精子を採取して顕微授精を行う方法が検討されるそうです。

<非閉塞性無精子症>
ホルモン異常が原因の場合は、ホルモン剤を注射することで精子が
精液中に出現する可能性があるそうです。

また、患者の半数は精巣内の一部分で正常に精子を形成していることが
分かっているそうで、MD-TESEと呼ばれる方法
精子や精子になる前の細胞である後期精子細胞を探すそうです。

そして、1匹でも精子が見つかると排卵誘発によって採卵した卵子とともに
顕微授精を行って妊娠できる可能性があるそうです。

この技術には、とても高い技術力が求められる治療法だそうですので、
クリニック選びはくれぐれも慎重に行わなければいけませんね。

 

 

【詳細】
無精子症とは、精液中に精子が全く無い状態をいいます。

近年は増加傾向にあり、男性の100人に1人は無精子症、
であるといわれているそうです。

無精子症には、閉塞性非閉塞性の2タイプに分けられろそうです。

閉塞性は、精巣内で精子が作られているものの
精子の通り道が塞がっている状態で、
非閉塞性は、精巣内で精子が全くもしくはほとんど作られていない状態
いうそうです。

無精子症の8割は非閉塞性無精子症といわれているそうです。

 

先日のニュースでは、 
『不妊の原因の一つで、精巣で精子がつくられない非閉塞性無精子症であっても
精子に成熟する前段階の「前期精子細胞(円形精子細胞)」を精巣から採取して
体外受精を安定的に成功させられることを、
セントマザー産婦人科医院(北九州市、田中温院長)が実証し、
その仕組みなどを米科学誌PNASに発表した。』

とありますし、また、

『前期精子細胞を使った体外受精(顕微鏡下)が
厚生労働省の登録臨床試験に承認された2011年9月から14年12月までに、
同医院は前期精子細胞を用いて112人の赤ちゃんを誕生させることに成功

うち14人は、別の医療機関で「不妊治療をするには第三者の精子を使うしかない」
とされた男性から前期精子細胞を採取して出産にこぎつけた例という。』

これは、無精子症に悩むカップルには大いに喜ばしいニュースでした。

無精子症でも、射精も問題なくできるそうで、特に自覚症状がないそうです。

そのため、検査をしてはじめて発覚するケースがほとんどだそうですから、
なかなか妊娠しない場合は医療機関での検査を受けることが望ましいようです。

男性の100人に1人が無精子症で、他にも、「乏精子症」や「精子無力症」などの
可能性を考えますと、妊娠を考えた時点での早めの検査が良いのかもしれません・・・

いずれにしても、クリニック選びも重要なことですね。

 

こちらのメールもご活用ください。

【お悩み無料相談メール】

私も今まで沢山のサプリや
不妊治療方法や改善方法を沢山見てきました。

自分で試したものもありますし、
周りの友人・知人が試したものも沢山あります。

中には、効果が全くなかったり、
理解しにくいもの、
誇大な表現をして広告していたりするものも
沢山ありました。

そのため、
残念ながら無駄に時間とお金を費やしもしました。

そんな苦い経験から、
少しでも皆さんにはそんな無駄を回避してもらいたい、という思いで

・現在の状況
・今までの経過
・行っている対策
・その対策での効果や変化
・ご利用中のサプリメント

等をお知らせの上、
以下のフォームの必要事項にご記入の上、
どうぞお気軽にお問合せ下さい。

出来るだけ早めに返信をさせていただきます。

SNSでもご購読できます。