「妊娠力」をコントロールできる方法があるってホント?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。

不妊 治療 方法 口コミ   掲示板  
管理人のMiharuです。

今回は、妊娠について言われる
妊娠力」の
コントロールができるのか、
どのようなことが影響しているのか、
などを調べてみました。

 

 

 

 

 

 

 

【テーマ】
妊娠力のコントロール

 

【妊娠力とは】
妊娠を考え始めたら、
まず「妊娠力」を高める
必要があるでしょう。

妊娠力とは、そのまま、
妊娠するために個々の
体に兼ね備えられた力を
指しています。

男性でも女性でも、
「妊娠力」を高めることが
妊娠に必要でしょう。

 

【妊娠力の影響する事】
生活習慣
食生活。
睡眠。
運動。

性生活
妊娠しやすいタイミング。
正しいセックスの情報。
妊娠しやすいセックス。

ストレス
ストレスを和らげる。
ストレスに負けない環境と体質。
ストレスと妊娠の関係を知る。

サプリメント
サプリメントの活用。
妊娠に必要な栄養素の補充。
自分に合ったサプリメントを選ぶ。

医療
どんな病院を選ぶのか。
受診するタイミング。
本来の生殖力をアシスト。

 

【妊娠力の妨げになる事】

喫煙、
痩せすぎ、
太りすぎ、
低体温、
添加物の多い食事、
など

 

【感想】
今回は『妊娠力』について
調べてみましたが、調べれば
調べるほど、奥が深い、
と思いました。

まずは、自身の体の状態、
生活習慣、食習慣などを
把握する事が必要だと
感じました。

喫煙は、妊娠中の胎児への
影響もあります。

喫煙者本人や周囲の人への
健康への影響もあります。

食事のコントロールは、
割と簡単に変化させられる、
ように感じます。

生活している地域によっても
違いはあるでしょう。

都会で生活する方が、
何でも手軽に手に入りそう
ですし、遅い時間まで営業している
お店もあるので、食材や商品を
いつでも買うことが出来そうです。

地方は、そう手軽に何でも
手に入りづらい環境だという
印象もあります。

しかし、逆に手に入らないから
手作りするしかない、といった事も
ありそうです。

以前、ブログからの無料
相談メールで、標準体重より
痩せている方が、ホルモンバランスを
崩されている内容のメールを
いただいたこともあります。

痩せすぎ、太りすぎは
排卵障害を招くことがありますし、
とくに痩せすぎの人は
それだけで妊娠しにくい傾向が
あるそうです。

どちらの場合も、リスクが
高いようです。

また、ある程度の体重増が
ないと、女性は産後の体力面に
不安が残ります。

ストレスは、なかなか解消が
難しいかもしれません。

特に、仕事関係や、
生活するうえで接しなければ
行けない周囲との人間関係での
ストレスは厄介かもしれません。

ストレスは不妊だけではなく、
癌などの原因にもなると、
いう説もあるそうです。

『妊娠力』とは別にしても、
ストレスを上手にコントロールする
方法を身につけておきたいもの
です。

 

女性では排卵日を把握する
為に、基礎体温を正しく記録する
事も必要でしょう。

どのタイミングでの、性行為が
妊娠しやすいのかも、しっかり
把握し、ご夫婦ですり合わせを
しておくことも必要ですね。

個人的には、不妊の原因が
何らかの疾患による場合や、
先天性の問題でない場合は、
何らかの改善の余地が
あるのではないかと思いたいです。

『妊娠力』が発揮されない
ままの生活から、何かしらの
変化を実行し、『妊娠力』を
上げたいものです。

仕事が・・・、時間が・・・、
諸事情はそれぞれですが、
変えるかどうかの選択は、
ご自身で決められる場合が
ほとんどではないでしょうか?

あなたは何から?

 

 

こちらのメールもご活用ください。

【お悩み無料相談メール】

私も今まで沢山のサプリや
不妊治療方法や改善方法を沢山見てきました。

自分で試したものもありますし、
周りの友人・知人が試したものも沢山あります。

中には、効果が全くなかったり、
理解しにくいもの、
誇大な表現をして広告していたりするものも
沢山ありました。

そのため、
残念ながら無駄に時間とお金を費やしもしました。

そんな苦い経験から、
少しでも皆さんにはそんな無駄を回避してもらいたい、という思いで

・現在の状況
・今までの経過
・行っている対策
・その対策での効果や変化
・ご利用中のサプリメント

等をお知らせの上、
以下のフォームの必要事項にご記入の上、
どうぞお気軽にお問合せ下さい。

出来るだけ早めに返信をさせていただきます。

SNSでもご購読できます。