ノートパソコンが男性不妊の原因になっていた、って!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。

不妊 治療 方法 口コミ   掲示板  
管理人のMiharuです。

今回は、不妊原因の半分、男性不妊の
原因に、「ノートパソコン」が関係している、
という話題をみていきたいと思います。

 

snapcrab_noname_2016-11-16_15-28-42_no-00

 

 

 

 

 

【テーマ】
ノートパソコンが不妊への第一歩

 

 

【概要】
「膝の上でのノートパソコン」が
不妊の原因に繋がる、という研究が
発表されたそうです。

 

 

【詳細】
膝の上にノートパソコンを乗せた状態で
作業することで、ノートパソコンが発する
機械熱が、男性の陰嚢の温度を上げる。

このことで陰嚢を温めてしまうことい、
精子を産生させる能力を低下させてしまう
リスクがある

だから、若い男性や子どもが欲しい、
と思っている男性は、ノートパソコンを
膝に乗せるべきではない、という研究発表が
2004年にされている。

 

 

【検証内容】
ニューヨーク州立大学の研究で、
29人の男性を対象に、ノートパソコンを
膝の上にのせた態勢で1時間過ごした。

その結果、1時間あとの温度の変化を
調べてみたら平均2.1℃上昇していた、
とのこと。

ちなみに陰嚢の温度が1℃上がると
精子の産生能力が40%低下することが
判明していると言われているそうす。

≪陰嚢のはたらき≫
精巣や精子は熱にたいへん弱いそうで、
熱を受けることで精巣で作られる
精子の量が少なくなったり、
精子自体も弱くなるそうです。

ですから、精巣で精子が作られるときは、
体温より約3℃低めの温度が
適温だそうです。

そのため、精巣は温度が低くなるように
外部へ垂れ下がっている陰嚢の中に
あるそうです。

また、陰嚢の皮膚はヒダ状の筋肉で、
熱の発散をしやすくするために表面積を
増やすそうですが、この温度調節は
本人の意思とは関係なく、無意識的に
行われているそうです。

体温や気温が高い場合は筋肉が緩んで、
陰嚢は垂れ下がるように伸びると同時に
多くの汗腺から汗を出して、
精巣の温度を下げているそうです。

逆に外部の気温が低すぎる場合は、
陰嚢の皮膚の筋肉が収縮して、
温かい身体の中へ引き上げられ、
陰嚢は小さくしぼむそうです。

 

 

【感想】
今回みてきました、「膝のうえでの
ノートパソコン」が男性不妊に繋がる、
という内容ですが、これは、
可能性の1つでしょう

私も膝の上にノートパソコンを
乗せて作業することがありますが、
寒い季節は、足が暖かく感じて
心地良かったりもします。

また、陰嚢の温度を上げてしまうのは、
ノートパソコンだけではないでしょう。

サウナやコタツなどに長時間入ってり、
熱いお風呂に入る習慣なども、これに
該当するように思います。

冷えタイル体を温めてあげる為に、
サウナや入浴は効果的ですが、
不妊の原因になりかねないのでは、
心配が残ります。

毎日、サウナやコタツに長時間入ったり、
高温の入浴がお好きな男性は、
注意が必要ですね。

 

 

こちらのメールもご活用ください。

【お悩み無料相談メール】

私も今まで沢山のサプリや
不妊治療方法や改善方法を沢山見てきました。

自分で試したものもありますし、
周りの友人・知人が試したものも沢山あります。

中には、効果が全くなかったり、
理解しにくいもの、
誇大な表現をして広告していたりするものも
沢山ありました。

そのため、
残念ながら無駄に時間とお金を費やしもしました。

そんな苦い経験から、
少しでも皆さんにはそんな無駄を回避してもらいたい、という思いで

・現在の状況
・今までの経過
・行っている対策
・その対策での効果や変化
・ご利用中のサプリメント

等をお知らせの上、
以下のフォームの必要事項にご記入の上、
どうぞお気軽にお問合せ下さい。

出来るだけ早めに返信をさせていただきます。

SNSでもご購読できます。