生殖医療の選択肢、「できる」けれど「やっていい」ものなのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。

不妊 治療 方法 口コミ   掲示板   管理人のMiharuです.

今回は、少し海外での生殖医療もみながら
「生殖医療の選択肢」についてみていきたいと思います。

 

SnapCrab_NoName_2016-4-10_23-6-23_No-00

 

 

 

 

 

 

 

 

【参考書籍】
卵子を探しています 世界の不妊・生殖医療現場を訪ねて

 

 

【著者】
宮下 洋一

 

【出版社】
小学館

 

【概要】
ジャーナリストである著者がスペイン、フランス、
日本、アメリカ、タイ、スウェーデンの6か国で
生殖医療を受ける日本人と医療機関
取材したノンフィクション作品。

 

 

 

【感想】
今回ご紹介しました書籍の
「卵子を探しています 世界の不妊・生殖医療現場を訪ねて」
ですが、とても興味深い内容でした。

まず、日本での生殖治療などの制度や視点が、
他の国々と比べるとかなり違いあることが分かりました。

例えば、日本では認められていない第三者による
卵子提供を日本人が望んだ場合、
タイやアメリカに受けに行くケースは何かで見聞きしていましたが、
スペインへ受けに行く日本人が多いのはとても意外でした。

日本人に限らずスペインには多くの外国人が訪れ、
卵子提供を受けているそうです。

また、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、
アメリカでは精子バンクがビジネスとして成立しているそうですが、
誰でも提供できるわけではなく、
「優秀な遺伝子」を持った男性しか提供することができないそうで、
提供できる男性は5000人に1人しかいないそうです。

確かに、提供者の遺伝子を引き継ぐことになるわけですし、
提供を受ける側も「優秀」なものを望むのが自然でしょう。

そして、「優秀」な方がビジネスになるのでしょう。

また、他国の医療保険制度や
生殖医療の公費負担についても興味深かったです。

日本では不妊は病気ではないとされているため、
不妊治療に対して各自治体による補助はありますが、
健康保険は適用さません。

しかし、諸外国では、年齢制限を設けて
国のお金で不妊治療を受けられるのが普通なのだということは
驚きました。

例えば、フランスでは43歳以下の女性が
妊娠にいたらないのは「疾病」として捉えられているそうです。

また、スウェーデンでは男性の方にも
年齢制限が設けられているそうです。

女性は39歳、男性は54歳までだそうです。

その他にも、出生前検査、着床前検査、男女産み分け、
少子化対策などについて書かれていてとても興味深かったです。

制度や助成などに違いはあるものの、
技術的には諸外国で出来ている治療内容は、
日本でもできるでしょう。

しかし、倫理的にはどうなのでしょう?

「できる」と「やっていい」をどう区別するのか
倫理的判断だと思うのですが、
生殖医療や出生前検査をどこまで認めるかという問題。

子どもを望む「カップル」のためにどうするのがいいのか。

二人が同意すればどこまでも認めることになるり、
望む人がいるという体裁でなされているビジネス
どう評価するでしょう。

そして、できるかどうかは別として、
それらの技術が容認され、希望者が誰でも利用できる、
とした場合、何かしらのひずみが起きないのでしょうか?

具体的に例えるならば、誰もが着床前検査で
男女の産み分けができてしまうようになったら、
男女比にひずみが生じてしまうかもしれません。

地域によってその差が大きい場合もあるかもしれません。

視点が変わればベストな選択は変わりますし、
また、「正解」、もありません。

生殖医療に限らず、個々の欲求だけ満たされる点だけに
視点がいってしまった場合、
結局はまた新たな課題が残されるように感じます。

日本では受けられない生殖医療や出生前検査を求めて
日本から外国へ医療を受けに行く方々が、
この本の中には多数登場していました。

医療もグローバルの現代になり、
日本国内では倫理的に認められていない医療でも
国が変われば可能になり、
その結果、生まれた子どもは日本へ帰ってきて
同じ社会の中で生きていきます。

「産む」、「産まない」、また、どこまで頑張るかを
自分で納得できるようなかたちにするためにも
ご興味がありましたら一読されてみてはいかかでしょう。

卵子を探しています 世界の不妊・生殖医療現場を訪ねて
のご購入はこちら

 

 

こちらのメールもご活用ください。

【お悩み無料相談メール】

私も今まで沢山のサプリや
不妊治療方法や改善方法を沢山見てきました。

自分で試したものもありますし、
周りの友人・知人が試したものも沢山あります。

中には、効果が全くなかったり、
理解しにくいもの、
誇大な表現をして広告していたりするものも
沢山ありました。

そのため、
残念ながら無駄に時間とお金を費やしもしました。

そんな苦い経験から、
少しでも皆さんにはそんな無駄を回避してもらいたい、という思いで

・現在の状況
・今までの経過
・行っている対策
・その対策での効果や変化
・ご利用中のサプリメント

等をお知らせの上、
以下のフォームの必要事項にご記入の上、
どうぞお気軽にお問合せ下さい。

出来るだけ早めに返信をさせていただきます。

SNSでもご購読できます。