匿名で提供された卵子での出産は、選択肢に入るか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。

不妊 治療 方法 口コミ 掲示板  
管理人のMiharuです。

今回は、匿名での卵子提供による
出産についてみていきたいと
思います。

 

 

 

 

 

 

 

【テーマ】
匿名での卵子提供による出産

 

【卵子提供とは】
卵子提供とは、
第三者より卵子の提供を受け、
妊娠を試みることを言います。

主に、卵子に問題があった場合や、
疾患などで卵巣の摘出、
早期閉経などが原因で
排卵がなくなってしまった場合が
そうです。

 

【日本国内での卵子提供】
今のところ、日本国内での
卵子提供をうける、というのは
難しいのが現状のようです。

その理由としては、
卵子提供を受けられる指定の
医療機関が少ないこと、
親族や知人などからの卵子提供に
限られている、など、
条件が厳しく設けられている
ためだそうです。

また、卵子提供に関する法律や
規制が整っていないこともあり、
トラブルが起きた場合などの
対策が明確でない、などの
要因もあります。

 

【海外での卵子提供】
では、海外での卵子提供は
どうでしょう。

海外には、不妊治療として
卵子提供を行っている国が
あるそうです。

また、卵子提供を受ける目的で、
それらの国への渡航者は、
年々、増加傾向にもあるそうです。

日本からの渡航者が多い国として、
アメリカ、タイ、台湾があるそうです。

日本国内に、そうした海外での
卵子提供希望者に対応する
エージェントがあるそうです。

 

【卵子提供の費用】
日本国内では、150万円前後
だそうです。

これに体外受精の治療費が
含まれないようです。

海外では、国によっても費用が
違うです。

アメリカでは、500万円前後、
タイ台湾では、200~300万円前後
だそうです。

海外ではこの他に、渡航費や滞在費が
加算されることでしょう。

しかし、あくまでの目安としての
数字で、実際には病院や治療内容に
よっても大きな差が出そうです。

 

 

【卵子提供のリスク】
先ほども少しご紹介しましたように、
日本では、卵子提供に関する
法律も規制も整っていないのが
現状です。

また、卵子提供によって出生した
子どもに対する法律や規制も
整っていません

卵子提供による体外受精でも、
そうでない場合の体外受精同様、
多胎出産になることがあります。

他には、第三者から卵子は、
自分の細胞ではないので
流産早産癒着胎盤などの
リスクが高まるといわれて
いるそうです。

 

 

【総評】
先日、匿名での卵子提供による
国内で初めてとなる出産が、
ニュースになっていました。

ニュースをご覧になった方も
いることでしょう。

内容としましては、
重要な課題が解決されていない
現状の中、生殖補助医療技術の
期待に応える議論の成熟、
いわゆる「重要な課題」の解決が
望まれている、ということです。

卵子や精子の提供者が、出生した子の
親になるのか、提供を受けた側が
親になるのか・・・

提供者の情報の開示・匿名性や、
父母を知る権利、数年後に提供者が
親権を求めた場合、
など課題は山積みです。

また、提供者も卵子や精子を提供する際の
治療による、出血や疾患などのリスクに
ついての補償制度もありません。

第三者の卵子や精子の提供を受ける
治療を行うのには、色々な意味で
大きなリスクがともなうといえるでしょう。

卵子や精子が全くない、状態だったら
どうするでしょう?

ブログに設置してある相談メールには、
まだ、卵子提供に関するメールは
ありません。

精子の状態や卵子の状態に関する
メールが多いです。

その中で関心が高いサプリメントが
人気があります。

晩婚化や妊活の高齢化に対応した
サプリメントだからでしょう。

不妊 治療  方法 口コミ 掲示板での
口コミも多く良い結果をえられた、
といった内容の口コミが多いのが
特徴です。

晩婚化、年齢が気になる方には、
詳しいレビューをチェックして
おくことをおすすめします。

「ミトコア300mg」の詳しいレビューはこちら

 

 

 

こちらのメールもご活用ください。

【お悩み無料相談メール】

私も今まで沢山のサプリや
不妊治療方法や改善方法を沢山見てきました。

自分で試したものもありますし、
周りの友人・知人が試したものも沢山あります。

中には、効果が全くなかったり、
理解しにくいもの、
誇大な表現をして広告していたりするものも
沢山ありました。

そのため、
残念ながら無駄に時間とお金を費やしもしました。

そんな苦い経験から、
少しでも皆さんにはそんな無駄を回避してもらいたい、という思いで

・現在の状況
・今までの経過
・行っている対策
・その対策での効果や変化
・ご利用中のサプリメント

等をお知らせの上、
以下のフォームの必要事項にご記入の上、
どうぞお気軽にお問合せ下さい。

出来るだけ早めに返信をさせていただきます。

SNSでもご購読できます。