葉酸を毎日摂取することをアメリカでも推奨している?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは。

不妊 治療 方法 口コミ   掲示板  
管理人のMiharuです。

今回は、妊娠と葉酸の関係に
ついてみてていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

【テーマ】
葉酸と妊娠の関係

 

【葉酸とは?】
・水溶性ビタミン。

・乳酸菌の増殖因子として
ホウレンソウの葉から
発見されたそうです。

・葉酸が不足すると
DNA生合成に支障をきたす。

・分裂の活発な血球合成に
障害が起き、赤血球障害や
悪性貧血などの症状を生じる。

・二分脊椎の発症リスクを
低下させる効果がある、
とされるビタミンB類の一つ。

・葉酸を多く含む食品は、
レバー、緑黄色野菜、果物。

・調理や長期間保存での
酸化によって、葉酸は
壊れるので、食品から葉酸を
摂取する場合は鮮度が大事。

 

【妊娠との関係】
葉酸が不足すると、妊娠中は
胎児への影響があります。

胎児の細胞分裂がさかんな
妊娠初期では、先天性疾患
まねく危険があるそうです。

二分脊椎症」などの
神経管閉鎖障害の発症リスクが
特に、高くなると言われて
いるそうです。

また、授乳期では、
乳児の発育に遅れを
およぼすことが指摘されて
いるそうです。

妊娠を考えたら積極的に
葉酸の摂取をした方が
良いでしょう。

胎児や乳児への影響の他にも、
最近の研究で、葉酸が細胞の
中で、動脈硬化の危険因子
であるアミノ酸を、血液中の
コレステロール値をアミノ酸に
変換する反応を助ける働きも
あることが分かっているようです。

他のも、お酒を大量に飲む人、
アスピリンや避妊薬のピルを
服用する人も、葉酸が
欠乏しやすくなるそうです。

葉酸は、人の体にとって
必要な栄養素ですから、
十分な摂取が必要でしょう。

 

 

【推奨は米国でも?】
ご存知の方も多いとは
思いますが、日本では、
厚生労働省が妊娠を
計画している女性に対し、
1日当たり400μg以上の摂取
推奨しています。

他の先進国、米国でも
同じようです。

以前ニュースにも
なっていました。

米国予防医学専門委員会は、
出産が可能、または妊娠を
考えているすべての女性に、
葉酸サプリメントの摂取を
推奨すると発表しました。

先天異常リスクを低下させる、
ことが目的だということです。

 


【感想】
今回みてきた『葉酸』ですが、
女性が妊娠中、授乳期に
積極的に摂取するべき
栄養素だということが言えます。

妊娠や出産を考えていなくても
必要な栄養素だということも
分かりました。

また、『サプリメント摂取の
効果が最もよく現れる時期は、
受胎の少なくとも1か月前に
始まり、妊娠の最初の
2~3か月間を通して続く
』、
との報告もあるそうです。

 

もしかしたら、『葉酸』の欠乏が、
不妊の何かしらの原因に影響を
していた場合には、
『葉酸』を摂取して妊娠に
成功することがあるかも
しれません。

不妊 治療 方法 口コミ 掲示板
でも、いくつも『葉酸』の
サプリメントの口コミがあります。

その中でも、人気があるのは
「ベルタ葉酸サプリ」ですが、
最近では、「ララリパブリック 葉酸」
という、サプリメントも人気が
高いです。

「ベルタ葉酸サプリ」の特徴は、
女性には嬉しい美容成分
配合されていることでしょう。

また、「ララリパブリック 葉酸」
の特徴は、なんといっても
長期継続を考えたら、
コストパフォーマンスでしょう。

どちらの葉酸サプリメントも
特徴が明確で、人気が高い理由が
分かりやすいです。

『葉酸』のサプリメント選びに
迷っている方には、
詳しいレビューをご覧に
なることをおすすめします。

「ベルタ葉酸サプリ」の詳しいレビューはこちら

「ララリパブリック 葉酸」の詳しいレビューはこちら

 

こちらのメールもご活用ください。

【お悩み無料相談メール】

私も今まで沢山のサプリや
不妊治療方法や改善方法を沢山見てきました。

自分で試したものもありますし、
周りの友人・知人が試したものも沢山あります。

中には、効果が全くなかったり、
理解しにくいもの、
誇大な表現をして広告していたりするものも
沢山ありました。

そのため、
残念ながら無駄に時間とお金を費やしもしました。

そんな苦い経験から、
少しでも皆さんにはそんな無駄を回避してもらいたい、という思いで

・現在の状況
・今までの経過
・行っている対策
・その対策での効果や変化
・ご利用中のサプリメント

等をお知らせの上、
以下のフォームの必要事項にご記入の上、
どうぞお気軽にお問合せ下さい。

出来るだけ早めに返信をさせていただきます。

SNSでもご購読できます。